個人情報保護方針
お問い合わせ
サイトマップ
ホーム →  表面改質 → DLC


<ギヤへのコーティングの特許取得> (第5623709号)
ICSでは、今後も確かな技術力でお客様の要求に迅速に対応します。
詳細は こちら をご覧ください。


DLC(Diamond like Carbon)は1971年AisenbergとChabotがイオンビームを使って合成したのがはじめてです。
現在では、DLCの多彩な特性が注目を集め、その多岐にわたる成膜法とあいまって、応用分野は拡大の一途をたどっています。

ICSは、マグネトロンスパッタとPACVDとを組みあわせてDLCを成膜しています。低摩擦・耐摩耗・高耐食・低凝着などの特長を生かして、自動車部品をはじめ、機械部品・切削工具・金型部品などに適用して好評を得ています。

ICSでは、一般的用途にHi-Coatδ(DLC2230)を、高面圧用途にHi-Coatδ+(DLC6230)を、無潤滑低摩擦用途にGSI(DLC0033)を提供しています。一方では、用途により最適な特性をもつカスタムメイドのDLC膜の開発も実施しています。

自動車部品、ウエハーカセット、金型部品、チップソー、コンプレッサー部品、カッター、エンドミルなど
自動車部品 ウエハーカセット 金型部品 エンジン部品
コンプレッサー部品 カッター エンドミル アイアン

<ICSの特徴>
大型機による量産対応が可能。
用途に応じて最適膜を提供。
レース用などに高性能膜を開発提供。
各種測定装置を用意、実用特性確認。
ISO9001による品質保証体制。

<一般的な特徴>
摩擦係数が小さい。
アブレシブ摩耗に強い。
焼き付きにくい。
フレッチング摩耗に強い。
ピッチングに強い。
腐食、特に石油系燃料にたいして腐食に強い。
基材にたいして密着力に優れている。
軟質金属が凝着しにくい。
凝着しにくい樹脂がある。
ICSのDLC技術はエンジンなどの高性能部品に使われています。

エンジンやポンプ、コンプレッサーの効率を改善できる。
装置の消費エネルギーを低減できる。
設計に生かせれば部品重量を削減できる。
摩擦を減らし、潤滑不足を補える。
高面圧を緩和できる。
膜厚の精度がよい。
発塵を抑え、クリーンな表面を保てる。
切削時構成刃先の生成を抑制できる。
樹脂によっては離型性に優れる。

<ICS-DLCの性質の例>
Hi-Coatδ(DLC 2230) 標準的な使用条件に提供しています。
Hi-Coatδ+(DLC 6230) 高面圧用途に提供しています。
GSI(DLC 0033) 無潤滑低摩擦用途に提供しています。

商品名 Hi-Coatδ Hi-Coatδ+ GSI
DLC No. 2230 6230 0033
成膜技術 PVD/PACVD PACVD
成膜温度 250℃以下
標準膜厚/μm 2-3 3-4 2-3
最大膜厚/μm 5 6 10
押込硬さ/Gpa※ 36 21
摩擦係数 0.15 0.05
押込弾性率/GPa※ 250 190
 ※ナノインデータによる測定値

オイル塗布ボールオンディスク焼付き試験
DLCの動摩擦係数 無潤滑、摺動速度:0.2m/sec、荷重:10N
DLCラマンスペクトル

ご不明な点がございましたら栃木工場までお問い合わせください。


Copyright 2006 ICS Corporation. All rights reserved. E-mail