お問い合わせ
TEL0282-92-7881

株式会社 アイ・シイ・エス

アイ・シイ・エスのコーティング (DLC (Hi-Coatδ))

ギアへのコーティングの特許取得 (特許第5623709号)

アイ・シイ・エスでは、今後も確かな技術力でお客様の要求に迅速に対応します。詳細は特許情報をご覧ください

アイ・シイ・エスは用途に合わせたDLCを提供しています。 ワーク最大長1500mm

DLC(Diamond Like Carbon)は1971年AisenbergとChabotがイオンビームを使って合成したのが始まりです。

現在では、DLCの多彩な特性に注目が集まり、その多岐にわたる成膜法とあいまって、応用分野は拡大の一途をたどっています。

アイ・シイ・エスは、PVDとPACVDとを組みあわせてDLCを成膜しています。

低摩擦・耐摩耗・高耐食・低凝着などの特長を生かして、自動車部品をはじめ、機械部品・切削工具・金型部品などに適用して好評を得ています。

ICSでは、一般的用途にHi-Coatδ (DLC2230)を、高面圧用途にHi-Coatδ+ (DLC6230)を、無潤滑低摩擦用途にGSI (DLC0033)を提供しています。

また、用途に応じたDLCのカスタムメイドにも対応しております。

ご不明な点がございましたら栃木工場までお問い合わせください。

DLC (Diamond Like Carbon)はPVDおよびPACVDの技術を使って成膜されます。

用途

自動車部品
自動車部品
半導体関連部品
半導体関連部品
金型部品
金型部品
エンジン部品
エンジン部品
機械摺動部品
機械摺動部品
カッター
カッター
切削工具
切削工具
アイアンヘッド
ゴルフ用品

特徴

アイ・シイ・エスのDLCの特徴
  • 大型炉による量産対応が可能
  • 用途に応じた最適膜を提供
  • レース向けなどの高負荷環境下でも高耐久性を維持
  • 各種測定装置を用意、実用特性確認
  • JISQ9100による品質保証体制
一般的なDLCの特徴
  • 摩擦係数が小さい
  • アブレシブ摩耗に強い
  • フレッチング摩耗に強い
  • ピッチングに強い
  • 焼き付きにくい
  • 腐食、特に石油系燃料の腐食に強い
  • 基材に対して密着力に優れる
  • 非鉄金属に対して耐凝着性良好
  • 樹脂に対して耐凝着性良好

利点

  • エンジンやポンプ、コンプレッサーの効率を改善できる
  • 装置の消費エネルギーを低減できる
  • 耐久性向上により、部品材料を廉価材に変更可能
  • 摩擦を減らし、潤滑不足を補う
  • 膜厚の精度がよい
  • 発塵を抑えてクリーンな表面を保てる
  • 切削時構成刃先の生成を抑制できる
  • 樹脂によっては離型性に優れる

性質

アイ・シイ・エスのDLCの性質の例
  • Hi-Coatδ (DLC 2230)
    • 標準的な使用条件に提供しています
  • Hi-Coatδ+ (DLC 6230)
    • 高面圧用途に提供しています
  • GSL (DLC 0033)
    • 無潤滑低摩擦用途に提供しています
商品名 Hi-Coatδ Hi-Coatδ+ GSI
DLC Number 2230 6230 0033
成膜技術 PVD / PACVD
成膜温度 250℃以下
標準膜厚 [/μm] 23 34 23
最大膜厚 [/μm] 5 6 10
押込硬さ [/GPa] 36 21
摩擦係数 0.15 0.05
押込弾性率 [/GPa] 250 190
※ナノインデータによる測定値

データ

オイル塗布ボールオンディスク焼付き試験
DLCの動摩擦係数
  • 測定条件
    • 無潤滑
    • 摺動速度 : 0.2 [m/sec]
    • 荷重 : 10 [N]
DLCラマンスペクトル
\[{\rm DLC 2330(Hi-Coat\delta)}\]
:
\[\frac{I_{D}}{I_{G}}=0.61\]
\[{\rm DLC 6230(Hi-Coat\delta+)}\]
:
\[\frac{I_{D}}{I_{G}}=0.64\]
\[{\rm DLC 0033(GSI)}\]
:
\[\frac{I_{D}}{I_{G}}=0.43\]
arrow_upward PAGE TOP